■ 活動方針 

 私は 鶴羽田町に住み、これまで県職員として、県農政の発展、農業の振興一筋に、農業継者の育成、集落営農の推進、特産品の開発や販路拡大などに取り組んでまいりました。
  また地元では「九州青年の船」を契機とした「北部町国際青年交流会」など青年活動に傾注し、また、PTA活動、消防団活動、防犯活動など、地域活動に現在も微力ですがんばっております。

 このような経験を通して肌で感じたことがいくつもあります。「額に汗して働く方々が報われている社会なのか、社会的に弱い立場にある方々が地域で安心して暮らしていけるのか、食や子どもの安全は守られているのか」など、多くの切実な問題を目の当たりにして、早くなんとかしなければという一心で、今活動しています。
  私はこれらの課題の解決に向け【躍動する熊本、誇れる熊本、安全・安心の熊本】の3本の熊本づくりを柱に政策を実行し、必ず県民の皆さん、地元の皆さんのお役に立ちたい気持ちでいっぱいです。

 ただ、私なにぶんにも無名の新人です。そこで、地元の皆さんのお力で【西から大きな風を起こそう】を合言葉に、地元後援会を組織していただき、活動を始めていただくことになりました。本当に感謝にたえません。

私は地元の声を県政にを基本に、地元の発展、県政・熊本市政の発展に全力で取り組むことをお約束し、ご挨拶といたします。ご支援をよろしくお願い申しあげます。